港区 多重債務 法律事務所

債務整理・借金の相談を港区に住んでいる方がするならココ!

お金や借金の悩み

港区で借金や多重債務などお金の悩みを相談するならどこがいいのか、決めかねているのでは?
せっかく相談するのであれば、優秀な弁護士や司法書士がいる法務事務所・法律事務所にしたいですよね。
ここでは、インターネットで無料相談出来る、お勧めの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
もちろん港区の方もOKですし、相談は無料なので安心できます。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、と思っている人にもおすすめです。
借金返済・お金のことで困っているなら、まず弁護士や司法書士に相談して、解決への道を探しましょう!

港区の人が借金や多重債務の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

港区の借金返済の悩み相談なら、こちらがオススメです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いもOK。
相談料金はもちろん0円!
借金の取り立てをSTOPするのも可能。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、債務の問題について相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付することができるので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、過払いや借金の悩みが相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリの方法で借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、おトクに解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので港区の方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



港区近くにある他の法律事務所・法務事務所紹介

他にも港区にはいくつかの司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●虎ノ門南法律事務所
東京都港区虎ノ門1-15-12
03-3502-6294
http://s-tora.com

●エス・エー法務司法書士事務所
東京都港区新橋2丁目16-1
03-3539-5005

●新橋法務司法書士事務所
東京都港区西新橋1-18-14小里会館2階
03-3500-1303
http://shinbashi-js.com

●司法書士水谷俊彦事務所
東京都港区六本木7丁目15-13六本木ダイヤハイツ502
03-6240-5366
http://mizutani-office.net

●山本綜合法律事務所(弁護士法人)
東京都港区新橋2丁目2-5
0120-777-136
http://yamamoto-lawoffice.com

●勝司法書士法人
東京都港区虎ノ門5丁目11-15虎ノ門KTビル6F
03-5472-7286
http://katsujudicialscribe.com

●安藤匡士司法書士事務所
東京都港区六本木7丁目3-8永谷ヒルプラザ六本木413
03-3796-2008
http://sh-ando.com

●みなと司法書士事務所
東京都港区西新橋2丁目9-7クインズビル4F
03-6273-3477
http://minatooffice.jp

●近藤邦夫司法書士事務所
東京都港区芝大門1丁目4-14芝栄太楼ビル5階
0120-151-639
http://saimuseiri-kondo.com

●骨董通り法律事務所
東京都港区南青山5丁目18-5南青山ポイント5185B1F
03-5766-8980
http://kottolaw.com

●やよい共同法律事務所弁護士井上玲子
東京都港区虎ノ門2-5-21寿ビル7階
03-5251-2300
http://inoue-lawyer.jp

●EIWA(司法書士法人)
東京都港区芝4丁目5-12三田ハイツ2F
03-5439-4575
http://eiwa-tokyo.jp

●ロイズ司法書士事務所
東京都港区4丁目18-30レジディア芝浦1405
03-5439-0511
http://lawiz.net

●ロア・ユナイテッド法律事務所
東京都港区虎ノ門1丁目1-23虎ノ門東宝ビル8F
03-3592-1791
http://loi.gr.jp

●肥口司法書士事務所
東京都港区新橋5丁目33-8新橋SSビル4F
03-3433-7561
http://shihoushoshi-higuchi.com

●TMI総合法律事務所
東京都港区六本木6丁目10-1六本木ヒルズ森タワー
03-6438-5511
http://tmi.gr.jp

●成和明哲法律事務所
東京都港区虎ノ門4丁目3-1城山トラストタワー31F
03-5405-4080
http://seiwa-meitetsu.jp

●弁護士法人ベリーベスト法律事務所
東京都港区六本木1丁目8-7アーク八木ヒルズ11階
03-6234-1585
http://vbest.jp

●高橋綜合法律事務所
東京都港区虎ノ門4丁目3-1城山トラストタワー15F
03-3578-6888
http://takahashi-sogo.com

港区にある地元の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金返済に港区で弱っている場合

クレジットカード会社やキャッシング業者などからの借入れ金で困っている人は、きっと高利な利子に困っているかもしれません。
お金を借りたのは自分です、自己責任だからしょうがないでしょう。
ですが、いくつもの消費者金融やクレジットカード業者からお金を借りていると、金額が多くなり、とてもじゃないけど完済するのは難しくなってしまいます。
月ごとの返済金だとほとんど金利だけしか払えていない、という状況の人もいるのではないでしょうか。
こうなってしまうと、自分1人だけで借金を清算するのはほぼ無理でしょう。
借金を清算するため、弁護士や司法書士に相談するべきです。
どうやったら今の借金をキレイにできるか、借金を減額できるか、過払い金はないのか、など、司法書士や弁護士の知恵を貸してもらいましょう。
お金の問題の解決は、相談から始まります。

港区/借金の減額請求について|多重債務

多重債務などで、借金の返済がきつい状態に陥った際に有効な進め方の1つが、任意整理です。
今の借入れの実情をもう一度把握し、過去に利子の支払すぎ等があるならば、それ等を請求、又は現状の借入れとプラマイゼロにして、かつ今の借入れにつきまして今後の利子を少なくしてもらえる様頼める進め方です。
只、借入れしていた元本につきましては、まじめに返金をしていくという事が基礎であり、利子が減額になった分、過去よりももっと短期での支払いが土台となってきます。
ただ、利子を払わなくてよい代わり、月毎の払戻金額はカットされるでしょうから、負担が減少するという事が通常です。
ただ、借り入れしてる業者がこのこれから先の金利に関する減額請求に対処してくれなきゃ、任意整理は出来ないでしょう。
弁護士などの精通している方に頼めば、絶対に減額請求が出来ると思う方もかなりいるかもわからないが、対処は業者により多種多様であり、応じない業者と言うのもあります。
只、減額請求に対応しない業者はごくごく少数なのです。
したがって、現に任意整理をして、ローン会社などの金融業者に減額請求をする事で、借入れの心痛がかなり少なくなるという人は少なくありません。
現実に任意整理が出来るかどうか、どの程度、借金返済が楽になるかなどは、先ず弁護士の先生に頼んでみる事がお勧めです。

港区|自己破産に潜むリスクとは?/多重債務

率直に言えば社会一般で言われる程自己破産のリスクは多くないのです。マイホームや高価な車や土地など高価な物は処分されますが、生きていくなかで要る物は処分されないのです。
又二十万円以下の蓄えは持っていて問題ないです。それと当面の間数ケ月分の生活する為に必要な費用100万円未満ならば持っていかれることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして載るがこれも極特定の方しか目にしないでしょう。
また世に言うブラックリストに載ってしまい7年間ほどの間はローン・キャッシングが使用不可能な現状となるのですが、これはいたしかたない事なのです。
あと定められた職種に就職できないという事が有るのです。しかしながらこれも極特定の限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済することの不可能な借金を抱えこんでるのであれば自己破産を進めるのも1つの手口なのです。自己破産を実施すれば今日までの借金が全部チャラになり、新しく人生を始められるということで良い点の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士、公認会計士、司法書士、弁護士等の資格は取り上げられます。私法上の資格制限として遺言執行者、後見人、保証人にもなれないのです。又会社の取締役などにもなれないのです。しかしながらこれらのリスクはおよそ関係がない場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きな物ではない筈です。

関連ページの紹介です