奈良市 多重債務 法律事務所

奈良市在住の方が借金返済など、お金の相談をするならここ!

借金返済の相談

多重債務の問題、借金の悩み。
お金の悩みは、自分ひとりだけではどうしようもない、深い問題です。
しかし、司法書士・弁護士に相談しようにも、ちょっと不安な気持ちになってしまうものです。
このサイトでは奈良市で借金のことを相談するのに、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
インターネットを利用して相談できるので、初めて相談する人でも安心です。
また、奈良市の地元の法律事務所や法務事務所もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にしてみてください。

奈良市の方が多重債務や借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の多重債務・借金返済解決の相談なら、コチラの事務所がおすすめ。
弁護士対応で、全国対応の法律事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払いは、分割払いでもOK。
相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップするのもできます。
自己破産、任意整理、個人再生、過払い金、など、借金や債務の悩みについて無料で相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、過払いや借金の問題が相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに合ったやり方で、どうにもならない借金問題を解決します。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から支払できます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないので、お得に解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心して相談できます。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので奈良市に住んでいる人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に知られないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



奈良市周辺にある他の法務事務所・法律事務所を紹介

奈良市には他にもいくつかの法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

地元奈良市の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金返済に奈良市に住んでいて弱っている人

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払い等は、ものすごく高い金利が付きます。
15%〜20%もの金利を払う必要があります。
住宅ローンだと年間0.6%〜4%ぐらい、自動車のローンの利子も年間1.2%〜5%ぐらいなので、すごい差です。
しかも、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定しているような消費者金融だと、なんと利子0.29などの高い金利をとっていることもあります。
非常に高い利子を払いつつ、借金は増えていくばかり。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ありませんが、額が多くて高い金利という状態では、完済は辛いものでしょう。
どう返すべきか、もうなにも思い付かないのなら、法律事務所や法務事務所に相談すべきです。
弁護士や司法書士ならば、借金・お金問題の解決策を見つけ出してくれるでしょう。
長期返済の計画になるかもしれないですし、過払い金を請求して返済額が減るのかもしれません。
まずは相談、解決にはこれが始めの一歩です。

奈良市/任意整理のデメリットとは?|多重債務

借入れの支払いをするのが滞りそうに時には至急対策を立てましょう。
放置しているともっと利子は膨大になりますし、解消はより一層苦しくなるだろうと予想できます。
借り入れの返金をするのがどうしてもできなくなった際は債務整理がしばしば行われますが、任意整理もしばしば選ばれる手段のひとつだと思います。
任意整理の際は、自己破産の様に大切な財産をそのまま維持しながら、借金の削減が出来るでしょう。
また資格若しくは職業の制約もありません。
良さがたくさんな手法とはいえるが、反対にハンデもあるので、欠点においても考えていきましょう。
任意整理の不利な点としてですが、先ず初めに借入がすべて帳消しになるという訳では無いことをちゃんと理解しましょう。
削減された借入はおよそ3年位の間で完済をめどにするので、きっちり支払い構想を立てる必要があります。
それから、任意整理は裁判所を通さなくて債権者と直接交渉する事が可能ですが、法の認識がないずぶの素人では上手に折衝がとてもじゃないできない場合もあるでしょう。
よりハンデとしては、任意整理した際はその情報が信用情報に記載される事になり、いわゆるブラック・リストの状態に陥るのです。
それゆえに任意整理を行った後は約5年〜7年ほどの期間は新規に借入れをしたり、ローンカードを新規に創ることは不可能になるでしょう。

奈良市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/多重債務

はっきり言えば社会一般で言われているほど自己破産のリスクは少ないのです。マイホーム・土地・高価な車など高額のものは処分されますが、生活するうえで必要な物は処分されないのです。
また20万円以下の預金は持っていてよいのです。それと当面の間数か月分の生活する上で必要な費用100万未満ならばとられる事はないでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されますがこれも極僅かな人しか目にしません。
又いわゆるブラック・リストに載ってしまって七年間程の間はローン若しくはキャッシングが使用出来ない状態となるが、これは仕様がないことなのです。
あと一定の職に就職出来なくなると言うこともあるでしょう。けれどもこれも限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済する事の不可能な借金を抱え込んでいるならば自己破産を進めると言うのも1つの手なのです。自己破産をすれば今までの借金が全てゼロになり、新しく人生をスタートできると言うことで長所の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士、司法書士、税理士、公認会計士等の資格は無くなります。私法上の資格制限として保証人、遺言執行者、後見人にもなれないのです。また会社の取締役などにもなれません。だけれどもこれらのリスクはおよそ関係がない時が多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きなものじゃ無い筈です。

関連するページ